練馬区の不動産 [新築一戸建て・中古一戸建て・売土地]

住宅ローン

固定金利型

借入当初から完済までの金利が確定しているものを言います。

最初から最後まで金利が一律のものと、当初10年間と11年目以降で金利が異なる段階金利のものがあります。金利が一律のタイプとして代表的なものがフラット35です。

段階金利は途中で金利が変更されますが、変更後の金利も借入当初からあらかじめ決定されています。フラット35の一部にこの段階金利が見られます。

『固定金利型』は、変動金利型や短期の固定金利期間選択型よりも通常は金利が高めとなりますが、完済までの金利の動向によっては、最終的に固定金利型を選択したほうが総返済額が少なくなる場合もありえます。

月々の返済額が変わらないので、将来にわたって家計の見通しもつけやすいといえます。

最初から最後まで金利が変わらない一律タイプ
最初から最後まで金利が変わらない一律タイプ
  • 金利は借入時に決定したものが完済まで続き変わらない。
  • 返済額もずっと変わらない。
途中で金利が変わる2段階固定金利タイプ
途中で金利が変わる2段階固定金利タイプ
  • 通常、当初10年間より11年目以降の金利が高く設定されている。
  • 返11年目以降の金利も借入時(もしくは申込時)に決定されている。

固定金利期間選択型

当初から数年間の金利が固定される特約を結ぶ住宅ローンです。多くの金融機関でこのタイプが扱われ、借入後、金利が固定される期間には2年、3年、5年、10年、15年、20年等があります。固定金利期間終了後時点の金利で改めて変動金利型や固定金利期間選択型を選べる仕組みになっています。

※金融機関によっては、一度変動金利型を選ぶと再び固定金利型を選べないという商品もあるので、あらかじめ確認が必要です。

固定金利期間終了後は適用される金利次第で返済額が変わるため、金利が上がればそれだけ毎月の返済額も上昇してまうことがあるので注意が必要です。変動金利型と異なり返済額の増加幅には上限が決められていません。

固定期間終了後の金利は店頭の表示金利から-0.2%、-0.4%、-0.7%など一定の割合で優遇している商品が多く金融機関によってさまざまです。

固定金利期間選択型

固定金利間終了後の返済額変動に対応できる人が向いているといえるでしょう。たとえば『固定金利期間終了時までに繰り上げ返済用の預貯金がためられる人』、『その頃に保険の満期金などまとまった資金が入るような人』、『子供の教育費のピークが過ぎて、数年後は返済額を増やすことが可能な人』などがあげられます。

変動金利型

借入期間中、半年ごとに金利が見直されるものを言います。主に期間1年未満の『短期プライムレート』に連動するタイプが多く、金融機関によっては『長期プライムレート』に連動する商品を出しているところもあります。

『上限金利付』の場合は、上限の金利が決められているため、それ以上に金利が上がることはありませんが、その分、金利が高めに設定されています。

適用金利は半年ごとに変わっても、多くの商品では返済額が急激に上がらないよう5年ごとの改定となり、その変動幅は従前の返済額の1.25倍までとなります。このため、返済額が急激にアップするリスクがない一方、元金の返済がなかなか進まないというリスクもあります。このような場合には、繰上げ返済で借入残高を減らすなどの対策が必要です。

変動金利型

今後金利が下降局面であると判断する場合には、金利下降のメリットをいち早く享受できる有利な商品ともいえます。

また、借入額が小さい場合や短い期間で返済が可能な場合も、金利上昇による支払額の増加分が比較的少なくすむので、変動金利型は検討の余地があるといえるでしょう。

【参考図書:住宅金融普及協会】

ページトップへ